<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

母親は、スイスに行くそうです。いつか。

父親は今週から、ベトナム。

[PR]

by kaershow | 2007-01-15 00:07 | 家族

ハンペン。

[PR]

by kaershow | 2007-01-14 23:30

耳を澄ますと微かに聞こえる雨の音
思いを綴ろうとここに座って言葉さがしている

考えて買いてつまずいて消したら元通り
12時間経って並べたもんは紙クズだった

君に伝えたくて 巧くはいかなくて
募り積もる感情は膨れてゆくだけ
吐き出すこともできずに

今僕の中にある言葉のカケラ
喉の奥、鋭く尖って突き刺さる
キレイじゃなくたって 少しずつだっていいんだ
この痛みをただ形にするんだ

何をしても続かない子供の頃の僕は
「これぞってモノ」って聞かれても答えに困っていた
そんな僕にでも与えられたものがあると言うんなら
迷い立ち止まった自分自身も信じていたいな

僕がいるこの場所は少し窮屈だけど
愛に満ちた表情でぬくもり溢れて
そして君の声がする

足元に投げ捨てたあがいた跡も
もがいている自分も全部僕だから
抱えている想いをひたすらに叫ぶんだ
その声の先に君がいるんだ

耳を澄ますと確かに聴こえる僕の音
空は泣き止んで雲が切れていく

今僕が紡いでいく言葉のカケラ
一つずつ折り重なって詩になる
キレイじゃなくたって少しずつだっていいんだ
光が差し込む

この声が枯れるまで歌い続けて
君に降る悲しみなんんか晴らせればいい
ありのままの僕を君に届けたいんだ
探していたものは、目の前にあった

作詞:大橋卓弥/常田真太郎
作曲:大橋卓弥/常田真太郎

*****
スキマスイッチ。

いい歌です。

俺に捧げる。

[PR]

by kaershow | 2007-01-14 23:23 |

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

自宅にて、ネット環境にない、かえるです。
もちろん、そういうわけで、電話もないです。使わないけど。携帯あるし。
そして、TVもない。
が、実家に37V型プラズマTVを購入。
1週間に1度ほど、帰省しては、1週間分の番組チェックをし、予約録画しまくります。なので、実家に帰ったときは、TVしか見ていない状態。

ちなみに、すごい余談ですが、「しばわんこ」の作者は、なんと母親の友人でした。
電気屋さんが試し録画した「しばわんこ」(なぜかしらないが)を録画一覧で発見して、発覚。
世の中、狭いですね。
そういや、星野監督のなくなった奥様も、母親の友人w
なんのこっちゃ。

さて、今年一年の抱負を。

*英語コミュニケーション可能にする。
*自分を愛し、まわりの人たちを大切にする。

『英語コミュニケーション可能』
英語コミュニケーション可能にするべく、昨年度末に、某英会話スクールの体験マンツーマンレッスンを受けてきました。以前、親に強制されて、渋々、英会話スクールのグループレッスンに通ったことと、年間300本以上の英語映画及びドラマ鑑賞により、ヒアリングは抜群と評価され、多少なりとも、嬉しい年末を過ごしました。
が、計画性もなく、安定性もない生活を送っているため、金銭的に受講が不可能な状態。

にもかかわらず、現在勤めている職場も2月一杯で退職。
もともと、計画性とは無縁な性分であるが、いい歳して、それもいい加減考えねばならない。

*計画性を養う。(養いたい、けど、モチベーションなし)

『自分を愛し、まわりの人たちを大切にする』
その年末に受けた、英会話スクールの先生にも、約1時間程のレッスンで見破られた「自分に自信をもって」
ぐがあー。
自分自身では、そこまで自覚症状はないが、まわりの友人たちに、必ず言われるこの一言。
確かに、「みんな、なにをもってして、自身の『自信』とするのか?」などと、ふとした時に考えたりする。「すっごい勉強したら?すっごい努力を重ねたら?どれくらい?」
私の、自信のなさの、そもそもの原因というのは、幼少の頃、生まれて初めて見た(聞いた)星占いの文句に起因している。
「てんびん座は、自信過剰に気をつけて」
NHKの教育TVの幼児向け童謡番組で流れていた曲の一節である。
これまた初めて買ってもらったカセットテープが、その番組のカセットで、そのA面の一番初めに収録してあり、大好きな曲だった。
大好きな曲だったので、「じしんかじょう」という言葉の意味も、きちんと母親に聞いた。
今思えば、幼稚園に通う児童から小学校低学年程度が聞く童謡の一節に使う文句としては、少々高度すぎなのではなかろうかいと思うが、本能で「自分というのは、見えにくい」と感じていた幼少の私は、「わたしってすごい、とか、思っちゃだめ。それは、すごくないんだ。わたしは、じしんかじょうなのよ!」と、その都度言い聞かせた。

とはいえ、実際、現在の自分を、どう贔屓目に見ても、不勉強さや思慮の浅さ等々、自信のもてるものは、ひとつもない。
ひとつもない。が。まわりにいる、友人や、家族や、職場の人たちや、実は、大好きなのである。
しかし、「友情片思い」が怖い。怖いので、一歩を踏み込まない。そして、たとえば、愚痴や自分の事に、自分以外の人間を巻き込むのは迷惑であろうと思ってしまう。自分の問題を、ほかの人に飛び火させるわけには、いかない、と。が、それは裏を返せば、信頼を置いてないということになる。そういうわけでは、断じて、ない。
これは、自分の自信の無さが原因だ。
自分を信じ、愛し、そうやって、まわりの人たちを大切にしていきたい。
マイペースに、こつこつと。
そう、「頑張り屋さん」というのは、各友人たちから頂いている。
頑張り屋さんは、頑張り、屋さん、だから、頑張りましょうっと。
そして、こういう気持ちや、姿勢は、まわりの人たちから頂いている。
ありがとうございます。大好きです。

-------------

さて、久しぶりにゆっくりと、インターネットを楽しみましたので、これから、実家に帰り、TV鑑賞です。

みなさま、良い1年をお過ごしください。

[PR]

by kaershow | 2007-01-14 16:28 | 日記