<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今日あたりからでしょうか。
蝉が鳴き始めましたね。
そうです。子供たちは夏休みです。
夏休み初日としては、まず寝坊することから始めるでしょう。
そして、母親から「夏休みだからって、いつまでも寝てていいなんてことじゃないのよ!」と怒鳴られて渋々置きだしたりするのでしょう。
あるいは、ラジオ体操に行って、そのまま友達と遊んじゃって、昼前くらいに帰ったら親にすっごく心配されて怒られたりとかするのでしょう。
はたまた、間違えて学校に行ってしまう・・・なあんてこたあないか。

蝉(みんみんぜみ)=夏休み開始

わたしの夏休みのイメージです。

蝉(ヒグラシ)=夏休み終了近く

これもわたしの夏休みのイメージです。

蝉(くまんぜみ)=夏休みまっただ中

これもわたしの夏休みのイメージです(笑)

さて。
蝉とわたし。

幼い頃。それは、本当に幼い頃。そうですね幼稚園生くらいの頃でしょうか。
かえるの田舎は九州のK県。
正確には両親の実家です。
夏休みは丸々祖父母の家で過ごしました。

そして、唯一K県の祖父母の近くに住む一つ年上の従兄と遊ぶのが日課でした。
ド暑い中、庭でトカゲの尻尾を切って遊んだり、ベランダに大発生していたカミキリムシを退治してまわったりしてました。育ちは東京のかえるですが、それなりに自然と接触していた記憶があります。あぶに刺されて猛烈に痛かったこともあったし。ナナフシを触るのが好きだったし(見かけは枝で固そうに見えるのに、柔らかいから)。

昆虫。
苦手な女子は多いでしょう。
わたしも、苦手です。
ゴキとか大嫌いだし。

しかし、皆幼い頃は昆虫好きだった想い出はありますよね?

そして、今、昆虫嫌いになった訳は、結構皆同じようなものと思います。

芋虫を触ったら、力加減がわからなくて、ぐちょっとつぶしてしまった。
とか。

ショッキングですよねえ〜〜〜〜(涙)

わたしのショッキング虫事件は蝶です。
いや、殺しちゃったとかいうわけではないのです。
ある日、アゲハ蝶を捕まえて、丹念に観察し満足し終わって空に離したあと、ふと自分の指を見ると、アゲハ模様の鱗粉が指にべっとりとくっついていて、その日から蝶が駄目になりました(笑)さぞかし、「自分の指についた模様」が気持ち悪かったのでしょう。

しかし、蝉は違うのです。
蝉は殺しちゃったのに、違うのです。
蝉の腹に縫い糸を結わきつけ、振り回して遊んだら、頭と胴体がちぎれちゃった。
そんな残酷な遊びをしたにも関わらず、蝉は未だに好きで、すりすりできちゃうくらいなんです。

あの愛くるしい顔と、間抜けな鳴き声がたまらん・・・!

なので、こんな良い話もあるのです。

それはかえるが高校生の頃。
かえるの部活の夏の合宿は、とある山の麓の学校の体育館で行われておりました。
1日目は何事もなく、終了したのですが、2日目、体育館に行ってみると、窓のところにみっしりと蝉が集っていて外に出たがっていたのです。おそらく、前日の夜に窓を開けていて、そこから灯りに誘われ入り込んだ蝉たちを体育館内に残したまま、また窓を閉めて帰ってしまったのでしょう。

窓にむらがる蝉たち。しかし、部員は全員女子(女子校なので)。
監督とコーチはおじさん(男)だったけど。

ご想像通り、窓開けはかえるとおじさんたちで行われました。(あと一人くらい、蝉OKな女子が居たかな?)窓を開けて、蝉の退路を確保し、頭鈍くてうろうろしてるのを、外に逃がす。蝉じゃないやつが混ざってたらやだな、と思いながらも、蝉以外は居なかったので、サクサクと作業は終了。多分、片側だけでも、20〜30くらい蝉が居ました。蝉って、明るいの本当に大好きなんですなあ。

部員たちに、「すごーい」とかはしゃがれて、ちょっぴり英雄っぽい気分に浸ってましたが、実はその合宿で初めてものもらいになり、以降、くせになっちゃいました。

蝉・・・・関係あるのでしょうか?

いや、そうだとしても、やっぱり蝉は嫌いにはならないと思いますけど。

[PR]

by kaershow | 2006-07-24 00:01 | 日記

マーフィーの法則(になってんのかしらないけど)

二つ以上の路線の通るバス停で。
自分の行き先の路線バスは来ない。



かえるが幼い頃の話。
新宿、あるいは大久保に行くのに、バスを利用していました。
バス停は家から近いし(徒歩5分ほど)運行間隔もコンスタンスにあったので、時刻表を確認して利用するということをしないで利用していました。
そして、かえる親子は、新宿にも大久保にも用事を持っている親子でした。
しかし、新宿に行こうとバスを待っていると、大久保行きばかりくる。(逆の場合もそう)

そこで、かえる親子は、行き先を決めないで、バスを待つようになったのです。

いえいえ、実際には、決まってます。行く先は。そりゃもちろん。

ただ、行く先が新宿の場合、「あ、やっぱ大久保に行こう。あの用事があったんだったわ」と思いながら、待つのです。するとすんなりと新宿行きが来る。(逆の場合もそう)


しかし、その後、バス路線の廃止や運行ルートの変更等や都営大江戸線の敷設に伴い、利用頻度が極端に少なくなり、そういう目に会う機会すらなくなってしまいました。

それからさらに数年後、社会人になって通勤にバスを利用するようになりましたが、本数が少ないため、時刻表を確認して利用するようになったし、更に、インターネットで運行状況の確認がリアルタイムで出来るようになったので、そういうことは無くなりました。












そう。バスの場合は。











問題は、『急いでいる時に、乗りたいタクシー』

これが、いかんせんです。
どうすればよいのでしょう?

『タクシー、捕まえようと思ってけど、やーめた』

『電車(バス)で行くから。もういいもん。』

とか、思って騙せばいいのでしょうか?



騙せないよ。




だって、急いでるんだもん。
絶対、  『強がってるって、わかってるぜ』ってばれちゃうと思う。



というのも、とある日。
多少、急いでる時があり、タクシーを拾おうとしていた時です。
結果的には乗れて、経過的にはなかなか捕まえられなかった、という話ですが、聞いて下さい。(読んで下さい)


それは○テレ通りでタクシーを拾おうとしていた時でした。

本当は、靖○通りまで出てから拾おうと思っていたのですが、その場で拾った方が早いと判断し、タクシーを探しました。

すると、今まで、ばんばん走っていた車がとぎれました。
1台も走っていない状態です。


まさかまた・・・と思いました。

まあ、すぐに、車がまた次から次に走ってくるようになりましたが。

マーフィーなんてまさかそんな、と、気を取り直して空車タクシー探し。
時間は夕方6時くらい。

乗車中、乗車中、乗車中・・・
乗車中タクシー次々とわたしの目の前を通り過ぎる。


この時間帯は、ラッシュ時なのであろうか?
いや、おそらく、この場所は魔のトライアングルで(どういう形のトライアングルだ)タクシーの運ちゃん仲間の間で、止まらないポイントになってるに違いない(そんなのあるのか)と思い場所を移動することに。車の進行方向に沿って、5m。(意味が無い)

そして、またタクシーを探す。

すると、来た。

黒塗りの空車が。

颯爽と右手を天に突き上げる。









通過。(無視)









えー!?おい!
む、むし!?

呆然と、黒塗り空車タクシーを見送る。
しかし今、過ぎた事を悔やんでも意味がないので、また次の空車を探す。

すると、すぐ来た!

ハザードを出している!

良かった!










5m前で停車。












他の女性に奪われました・・・・・・orz

「わたしの方が先に目つけたのよ!あんた後から来て!このドロボウ猫!しかもその場所は魔のトライアングル(前に自分がいた場所)だったのい!」



なーんて、思ったって、これもまた過ぎてしまったこと。
後部座席にずっしりと身をしずめたベビーピンク色のTシャツを着た女性をうらめしそうに見送る。でもこれで、わたしのまわり(前)には、他のタクシー待ちはいなくなったというわけだ。
今からやってくる空車タクシーは、全部おれさまのもんだぜ。

すると、またすぐに、おれさまの為の空車が走って来ました。


よしよし。それでいいんだよ。










手前の角を右折。











なんで!?
どうしてわたしのことを、みてくれないのっ!?



いやいや、我ながら、笑いました。
この右折したタクシーのすぐ後ろにまたもう1台走ってきていて、そのタクシーに乗る事ができたのですが。今まで、なかなか空車が来ないとか、車自体の流れがとぎれた、とかは毎回あったのですが、今回のようなケースは初めてでした。




さて、これで、直近の『急いでいる時、タクシーを拾えない』話は終わりです。

『急いでいる時、すぐにタクシーを捕まえたい』方法、
ご存知の方がいらっしゃったら、教えて下さい。

よろしくおねがいします。

[PR]

by kaershow | 2006-07-15 14:01 | 日記

月曜日。(だったか?)
夜TVで放送されていた整形番組(byOツカ美容整形)を見た。
一番燃えたのは、『ハゲの整形』

地毛(自毛)を、毛根の消滅したエリアに、毛根ごと移植することによって、再び枯れた畑を蘇らせるという施術。なんといっても、患者さんである男性の日頃の努力の姿(色々怪しい器具を次々に購入し、発毛に励んでいた)と、奥さんの『結婚当時はふさふさだったのに、詐欺だ』と言われている(本当かどうかはわからんが)哀愁いっぱいの、見事に後退している額が、マイハートビート。

もちろん、手術は見事成功だったわけで、砂漠化していた前頭部には、植えられたばかりの新芽が漂っていた。まるで、『風の谷のナウシカ』のエンドシーンのようだった。(いいすぎ)



ところが、今日。
その日とはうって変わった人格になっていたわたし。

それは、会社に届くお中元を、女子3人で山分けしようと相談していた時でした。

お中元の中身はkeycoffeeの1Lパックの詰め合わせ。
・アイスコーヒー(加糖)
・アイスティー(加糖)
・オレンジジュース
この3本を3人で分けようとしていた。
しかし、3人ともにコーヒーはブラック派(出来れば紅茶も)な女子たちで、皆、心の中のランキングは一緒。なので、これは公平にじゃんけんとかおみくじとかで決めなくちゃね、という事になった。

そこで、瞬時にわたしの脳内で行われたのは『みくじ』と『毛』の合成。
素直に一番シンプルなじゃんけんを選べばいいものを、





「毛根みくじやろうぜー!」






ルールは至って簡単。(でもない)
一人一本ずつ、髪の毛を引き抜いて、一番毛根がくっついてた人が勝ち。
絶対判定しずらい上に、痛い。
しかし、他人の毛根見られる機会なんて、滅多にないぜ!
(そういう問題ではない。)




もちろん、他女子2名からは、『えーなにそれーやだーいたいじゃんー』と当たり前なコメントを頂き、さくっとじゃんけんをして決めることに。こんな変質発言を行ったせいで、『最初にチョキ出すな』ルールをあっさり忘れてしまいました。ぐは。

チョキだして、あっさり負けて、すっげー要らないねっとり甘い加糖アイコーをゲットしました。げふー。

みなさまも、十分注意して発言しましょう。ぐー。

[PR]

by kaershow | 2006-07-13 00:13 | 日記

先日、めでたく結婚した、レギュラーの松本。

失礼ながら、かえるは、彼を初めて見た時、ぶさいくな人だな、と思いました。まあ芸人さんで、ぶさいくな表情をするからということもあるだろうけど(いいわけ)、ともかく、ぶさいくな人じゃ。と思ったのです。

しかし、見慣れてくると、すごい可愛い表情をする人で、今はぶさいくだとかは特に思っていません。

という話を、かえるママンに話したところ・・・


「あんたって、面食いねえ」


と、言われてしまいました。
母が言うには、松本氏はきわめて一般的な様相の男性だと言うのです。これくらいの顔が、日本人にはゴロゴロ居る、と。

自分は面食いではないと思っていたのですが、面食いらしいです。
また、新しい自分を発見してしまいました。

[PR]

by kaershow | 2006-07-08 15:26 | 日記

昨夜のエントリは、漆黒になった画面と共に、帰らぬ人となってしまったわけですが。気を取り直して。

最近、iTunes music storeで音楽購入を致しました。
今までは、椎名林檎や宇多田ヒカルくらいしかダウンロードしたことなかったのですが。

もともと、洋楽もあまり聞かないのですが、
今回は英語のお唄ばかり買ってしまいました。

KT Tunstall (ケイティータンストール)
: : official site : : (english)

*Suddenly I See
*Under the Weather (Single version)
*Miniature Disasters
*Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
*Another Place to Fall

Q.なぜ購入したのか?

  A. 声が気に入ったからです。ハスキーな声。柔らかいふくよかな声。
    芯が強い。
    あと、上記購入曲のリズム感が好きです。
    PVも欲しいです。視聴用PVを見ましたが、カッコいい女性ですね。



ELLEGARDEN (エルガーデン)
: : official site : :(Japanese/English)

ALBUM TITLE : Riot On the Grill
*Red Hot
*モンスター
*Snake Fighting
*Marry Me
*Missing
*Bored of Everything

Q.なぜ購入したのか?

  A. 声が気に入ったからです(笑)
    あれ?結構好きな声のタイプってはっきりしてますか?
    余談ですが、小鳥ぴよぴよの小鳥さんの声、好きですね(笑)
    ハスキーボイスに弱いと(笑)YUKIや林檎、好きだしなあ。
    あとは、Red Hotを聞いて、「あ、このリズム好き。買おう。」と。



とにもかくにも、TOP100を次々に視聴して、「あ、好き・・・・!」と感じたものを買いました。

おかげさまで、最近気分が良いです。
自分が「いいなあ!」という音楽を聴くことは、体に(心に)いいことなんですねー。

[PR]

by kaershow | 2006-07-08 14:59 |

今、音楽について、エントリーしようと、記事を書いておりました。
itunesにダウンロードした音楽について、書こうと思っていたので、itunesをたちあげました。
すると、アップデートのお知らせが表示。

ええっと。
アディダスとiPodのコラボ企画かなにかの為の、アップデートだったでしょうか、確か。

眠いのを我慢しつつ、しかし、文章書きたいような欲望にかられ、
エントリをしておったわけですが、アップロードの時間なんてさほどかからないだろうと思い、アップデートすることに。

ダウンロードしたインストーラーを起動して、次々にメニューを進んでいくと、itunesのアップデートのインストールを開始する際、『itunesの画面を閉じてください』と警告文。

あいあいさーへのへのかっぱー

閉じようと思ったら、閉じる事ができません。
なにゆえなにゆえなにゆえー?
暫く、ぼうっとしたり、そっぽ向いてみたりしてみましたが、一向に回復の兆しが感じられません。
あらあらまあまあ。
うちのMacちゃんってば、初コールドです。

3点ツボ刺激で終了コース  ・・・ 終了できません。
端っこのりんごを矢でぶっすりコース  ・・・ 終了できません。

強制終了でけまへん。
なんも、動いてまへん。
あんた、へん。

くそー、眠いつってたのに!

いらだったかえるが次にとった行動とは!?

もちろん、  電  源ちゃんをながおし。

長く、押す、です。


あーーーー・・・・・だうん・・・・・(悲)

そして、起動し直した時には、書いたエントリは消えておりましたとさ。


くっそ。
もっと、中身のありそうげなエントリをするつもりだったんですが、
もう、いいっす。

しかも、タイトルも考える気を失い、
意味なく、興味引いてしまうような、伏せ字。

そこのあなた。ひっかかったなー!ばーか!

・・・・・もう、ねます。

追記

[PR]

by kaershow | 2006-07-08 02:07 |

今、ゴミ出しついでに(本当は明朝に出すべきだけど・・・)
近くの公園にふらりと寄る。
公園内をふらり一周しようと思ったのに、
カップルがベンチに座っている。
邪魔しちゃあ悪いね、ごめんないさいねえ、と思いつつ、
公園の入り口で一服。

すると、脇の植え込み付近から、なにかが、がさごそ蠢く音。
なんであろう?と目を凝らすと、かぶとむし。
しかも、男の子。

おお!!!!

小学生以来、久しぶりに野生のかぶとむしを発見しました。
家にもってかえろうとも思いましたが、
こんな都会でも、公園で暮らしていたほうが幸せであろう、と思い、
一寸だけ腕によじ上らせて、楽しんでから、植え込みに返しました。

いい夜でした。

人間に触られたことが、彼のストレスなどになりませんように。
大丈夫だよね・・・?

[PR]

by kaershow | 2006-07-03 00:35 | 日記