カテゴリ:お言葉( 1 )

一姫二太郎
■語源由来辞典より

一姫二太郎の由来は、女の子の方が男の子よりも夜泣きが少なく、病気にもなりにくいのが一般的で、女の子の方が母親の手助けを早くからしてくれるため、女の子を最初に産むと理想的な育児が出来るという意味で良いとされた。
また、最初に生まれる子は後継者となる男子が望まれていたため、女の子が生まれて失望しないために、慰めの意味でも「一姫二太郎」は使われた。
現代では、「女の子一人に男の子二人の三兄弟が良い」と解釈されることも多いが、源氏物語にも出てくるように、「太郎」は「男の子」という意味ではなく「長男」の称である。
一姫二太郎を「男の子二人」と解釈した場合、二人の長男という意味になり、たとえ双子が生まれたとしても、「長男」と「次男」は分けられるため全く意味が通じない。
なお、この言葉は二人目までの生まれる順番を言っているに過ぎず、「一姫二太郎」が姉と弟の二人兄弟とは限らないため、女・男・男の順で生まれた場合には「一姫二太郎の三人兄弟です」と言っても間違いではない。
最近では、「一姫二太郎三なすび」と言う人もいるようだが、単に「一富士二鷹三茄子」と混同しただけで、そのような言葉は存在しない。


つまり、

最初の子供は女の子、次に産まれる子は男の子(長男)が理想的である。

とゆー意味のことわざであるが、最近の人は「女の子一人に、男の子二人の、三人子供を産むこと。」と取り違えている人が多いそうです。

私も「役不足」は、意味を取り違えていたなあ。
言葉は生物で、ネットで辞書とかを読んでいると、「最近では、「××」という意味で、○○の言葉として使われてもいる。」とか書いてあったりする。生物だから、気をつけなくちゃあねえ。

それにしても、「一姫二太郎三なすび」
これは、聞いたことないぞ・・・・・

女の子一人に男の子二人になすび三本????

全然意味伝わりませんですが(笑)
しかも、いやらしいことまで彷彿させることわざです。
あ〜・・・。それは、私だけかな。
[PR]

by kaershow | 2007-06-18 21:21 | お言葉