カテゴリ:未分類( 111 )

みなみなさま、明けましておめでとう御座います。
昨年中お世話になった方、昨年中はは会わなかった方も、webを通じてのやりとりすら無かった方も、
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

さてさて。

見事まる1年エントリしなかった、ということで。
エキサイトブログをここらへんで卒業することにします。
そしてどこぞへかと引っ越しを予定しています。

アップしたブログにあげてる写真とかの整理もしたいので、
ここもすぐには閉鎖はいたしません。

もうプレミアムの解約はしちゃったから文字だけのエントリで失礼致しました。

ありがとうございました。

[PR]

by kaershow | 2011-01-05 16:16

c0032726_23265267.jpg

泊まりで石川県七尾、福井と出張中です。

移動時間片道5時間。

今日は七尾で仕事。
実質2時間でしたが、充実した時間でした。
地方相手で、普段はメールや電話でのやりとりばかり。
顔を突き合わせての、このような時間はとても貴重。
明日は、多少問題児相手。
楽しみです。

写真は、初独りホルモンの夕飯。

旅先では、ホテルで個室でコンビニ飯は嫌!という思いが強く、意外にも独りで乗り込んでいける。

でも、やはり、店員さをは気を遣うのか、喋りかけてはくれないのが、今日はちょっぴり寂しかったです。

レバー、シロ、ガツミノ、白ネギを焼き焼きして、さっくり退場。

川沿い立地のホテルでまたーり中です。
[PR]

by kaershow | 2009-11-12 23:26

c0032726_22103955.jpgじゃーん!
あっちょんぶりけ!
秋葉原にある東京アニメセンターに行ってまいりました。

→→→とはいえ、ちっさい買い物しただけでしたが。

[PR]

by kaershow | 2008-08-27 22:47

c0032726_1916519.jpg

きのこ5種類買ってきた!
と母。
で、カレーを鋭意制作中。
美味しく出来たら、レシピupします。
美味しくならないカレーはあり得ませんが…。

→→→その後
[PR]

by kaershow | 2008-08-24 19:16

c0032726_2252387.jpg

勢い良すぎた。
[PR]

by kaershow | 2008-02-12 22:52

c0032726_21103570.jpg

[PR]

by kaershow | 2007-10-31 21:10

ずばり、「でぶや」です。

なにがどーとかあーとか、変な理由はなく、好きです。
なにがって言われると、強いて言えば、パパイヤ鈴木のアンバランスな顔のでかさとか、アフロ内の空気含有量とか、いっつもコメントが一番最後ですっごい苦しいポジションだな大変だなと同情した瞬間に珠に不機嫌らしく普通に「普通にうまい」とか言っちゃうとことか、石塚に「パパイヤ〜」ってパパイヤんとこだけで呼び捨てにされちゃっているとことか、最近マッスルが出てこなくなってきて安心したりとか、とりあえずは石ちゃんは腹いっぱいに豪快にでぶらしく大量においしいグルメを食いあさっているけどパパイヤは実はスマートに食べていて司会進行に努めている姿とか。

好きです。

火曜日の本放送も、土曜日の再放送も見逃さずに見ています。
食卓に、いつもパパイヤ。

[PR]

by kaershow | 2007-06-19 22:31




★NEWS ROCKET

そうだ。ATOMと行こう!

あー。出そう。久しぶりに。病気が。

[PR]

by kaershow | 2007-06-10 01:52

★news rocket
★たちばな出版キャンペーンページ


どーかと。
「禅入門」とか「美智子さま雅子さま愛子さま」とか「ブラインドの皆さん、外へ出てゴルフをしよう!」とか「脳梗塞、糖尿病を救うミミズの酵素」とかを買う人が、リボンの騎士のパッケージの、しかもケチャップ欲しいか??

「お金持ちの奥様とふらふらお嬢様が今のトレンドをつくる」
ケチャップに関係なく、沈黙。

[PR]

by kaershow | 2007-06-10 01:46

2月12日(月) 後10:10〜11:00  BS1
世界のキーパーソンに徹底インタビューし、21世紀の未来に道しるべを提示するシリーズ「未来への提言」。第8回はフィンランドの元教育大臣オッリペッカ・ヘイノネンさん(41)を取り上げる。

人口526万人の北欧の小国フィンランドは、いま、学力世界一の国として注目を集めている。OECDの学習到達度調査の成績では、読解力などの項目でトップ。教育力の高さは、情報化時代の経済にも強みを発揮し、IT企業の成長も著しく、国際競争力を示す指標でも世界のトップランクにある。なぜ、フィンランドの教育は成功したのか。へイノネンさんは、90年代、29歳の若さで教育大臣に就任し、フィンランドの教育のグランドデザインを描き、実現してきた中心人物だ。フィンランドは90年代に経済危機に陥り、失業率は20%にも達した。不況を脱するには、人という資源に投資する「教育」が最も大切だと、大胆な教育改革に踏み切った。
目標は、知識を詰め込むことではなく、変化のスピードが激しい時代を生き抜くための「自ら考える力」を育てること。そして教育の機会の均等をモットーに「落ちこぼれを作らないこと」や「生涯にわたって学習する能力を身につけること」に力を注いだ。教育現場への裁量権の委譲など、大胆な改革の結果、フィンランドは経済危機を脱し、世界一の教育力を手にしたのだ。
日本でも、学力の低下や教育基本法の改正など、教育現場のあり方が問われている。学力世界一を達成したフィンランドの元教育大臣ヘイノネンさんへのインタビューから、21世紀の教育のありようを考える。

インタビュアー 佐藤学〔東京大学教授〕

http://www.nhk-jn.co.jp/002bangumi/topics/2007/011/011.htm


**********
み、みたかったああああああ〜〜〜〜〜(T_T)
だれか、録画してないですか・・・?

[PR]

by kaershow | 2007-02-12 23:11