「棒」好き

棒ものが好きです。
魚肉ソーセージといい、うまい棒といい、棒っぽいのとか、棒にささってるのとかを食べるのが、ものすごく、好きです。

今在るかどうか知りませんが、昔、ディズニーランドにキャンディーワゴンがあって、ねじった棒状のキャンディーとか、直径10cm〜15cmくらいあって、お菓子の家でヘンゼルとグレーテルが食べてたようなぺろぺろキャンディーとかを売っていた。いやしんぼの私は、昔っからちまちまと大切に食べる癖があるので、実は、しゃぶりつくしか技の出しようがな棒状のものより、このぺろぺろキャンディーの方が実は好きだった。色々と技を繰り出せるぺろぺろキャンディーは、舌先で舐めるだけだったり、端っこをかじってみたり、全部口の中に入れてみたりと、口寂しい子供であった私には最高に輝くお菓子であったですよ。






c0032726_23541284.jpg

ジャイアントペロティ〜!(ドラえもん風に)

見つけた瞬間、箱買いしそうになりましたが、新旧キャラの旧チームが、あまりにもなじみがなさすぎるものばかりで、男汁臭いキャラばっかりだし、お気に入りのもの3つだけを購入。

ペロティ上で、「虎の穴があるかぎり・・・」とか、言われても、ねえ?

ラムちゃんは、すっごい好きなキャラクターで、例えば空飛ぶ夢を見る時には、ラムちゃんの様にぴろろろろろろ〜〜と、いう飛びかたする夢ばかり見るくらい、好きでした。思えば、私の一途さというのも、ラムちゃんにインスパイアされているものかも☆

c0032726_02193.jpg

そんでもって、パトレイバーは外せません。
イングラム。ロボット系で一番好きです。ガンダムとか見てなかったけど。
舞台背景も現代だし、臨場感というか、近未来的に一番あり得そうな雰囲気を醸し出してもいたので、パトレイバーは好きでした。
というわけで、出動!

c0032726_071349.jpg

そしてなぜか最後にまことちゃん。
まことちゃん、全然リアルタイムじゃないし、キャラの存在は知ってるけどお〜?くらいの存在のはずだったのですが、私の父親の名前と同じという幼少の頃の逸話で、「このまことちゃんてのはな、おとうちゃまの名前をパクったんだよ。」という父親の嘘話を信じきっていたという苦い思い出をこの際ペロティとともに胃袋で溶かしてしまいたかったのかもしれません。

まことちゃんは、私の胃袋へ。
パトレイバーは、ウェルカムペロティーとして、
ラムちゃんは、お疲れさまペロティーとして、
行くべき人の腹へと養子へやりました。

しかし、このジャイアントペロティ。侮れない食べごたえがありました。
元来、通常のペロティは2本入りで、牛乳キャップより2まわりくらい大きいサイズのものですが、それが如何に計算されつくした大きさなのかがわかりました。

一度に食べられないのです。
とてもじゃないけど、無理!
半分食べたところで、飽き飽きします。
その甘ったるさに。
私は大人なので、うまいこと食べられましたが、これが幼いお子さんが召し上がる段になったとしたら、4分の1はびちゃびちゃ食べて、4分の1は口の周りとか、手とかについて、残りは返品されちゃいますよ、お母さん。

というわけで、ジャイアントペロティは、大人の為のお菓子です。
「これはなあ、血汚冷吐といってなあ、大人の食べ物なのじゃ!」by父より
[PR]

by kaershow | 2008-04-15 00:24 | おいしいもの