青い薔薇

■ZAK ZAK

「青いバラ」サントリーが来年発売へ…遺伝子組み換え
サントリーは1日、遺伝子組み換え技術を応用して開発した青いバラを2009年に発売する、と発表した。農林水産省と環境省から1月31日、栽培や保管の承認を受けた。

 バラには青色の色素を作り出す遺伝子がなく、青いバラは「不可能の代名詞」と言われてきた。サントリーは生産、販売体制を整え、ギフト用の高級切り花などとして売り出す。価格や具体的な発売時期は未定。

 サントリーは、オーストラリアのフロリジン社と共同で1990年から研究。パンジーの遺伝子を組み込み、花びらの色素がほぼすべて青色のバラを開発、04年に発表した。

 品種交配で赤色色素を抑え、青色に近づけたバラは既に市販されているが、青色色素が含まれているものはないという。遺伝子組み換え生物の扱いについては国際的な取り決めがあり、日本で一般に流通させるには、環境省などの承認が必要だった。


c0032726_9544424.jpg










ZAKZAK 2008/02/02


放課後、なんらかの話題から発展して発展して3展くらいしてから、
青い薔薇に行き着いた。
青いとゆーか、紫ぽい。
青い色素の生鮮物がないのは何故か?(野菜で)
それは、青い色素が、生鮮的に長持ちがしないからだそうです。
詳しくは忘れてしまった・・・。
仕事しながら、片耳で聞いていたから。

因に、青い色素説は、田中さんの後任の田中さんの情報。
田中、やるな、おまい。

加えて、Iさんの生花に関する知識も尋常じゃない。
何者ですか?
[PR]

by kaershow | 2008-02-05 09:53 | 日記