タピオカ

今日はアジアデーにしようと、勇んで帰宅。

クスクスとタピオカ。

胸を熱くしながら、スーパーによって、
思いを猛らせながら、本日のメニューとは全く関係の無い食材(納豆、長ネギ、ジャガイモ、豚肉)を買い込み、帰宅。

早速、クスクスソースを作ろうと、
うちで一番大きいホーローの鍋をセッティングする。
しかし、先にタピオカを茹でて冷やしておいた方が良いであろうと思い直して、鍋一杯に水を沸かし、タピオカの種を放り込む。150g。水は1Lくらい。

茹でている間に、本日購入の長ネギをみじん切りにして冷凍保存。水っぽくなる事此の上ないのだけど、2本で100円だったものだから、つい購入してしまった。1本は、チャーハンでも作る時用に、あらかじめ刻んで、保存状態が良い冷凍状態で保存しておく。残りの1本は、普通に野菜箱に。おそらく、豆腐の上に白髪ネギと茹でたもやしを乗せて、後日食する事になると思われる。あとは、小麦粉を買って来て、ネギ焼きっていうのも、良いかしら。でっかく切って、鶏肉と一緒に、和風パスタにしても良いかもしれない。でも、今日買ったのは豚肉。豚肉とネギの和風パスタにしよう。

因に、本日のBGM(BackgroundMovie)は、「千と千尋の神隠し」
いつもは、英語の映画を流しっぱなしにしてるのだけど、今日は邦画でありアニメである。うちにはTVが無い。

おくされさまシーンをバックにネギを刻み終え、タピオカの茹で加減を見る。
「よ〜き〜か〜な〜」

すると、鍋の中で渦巻くカエルの卵は、どろどろのお湯の中で、寿司詰め状態。あわてて、しゃもじでかき混ぜると、底にみっしりとタピオカがこびりついてしまった模様。ちょっと底をこすってみたが、簡単にはとれそうもないので、諦めて、鍋壁から離れて浮遊するタピオカ達の世話をすることに。もうくっつくことが無い様に、かき混ぜ続けて10分後。火からあげて、竹ざるに注ぐ。流水で洗っていると、結構残っていた芯部がみるみる透明になっていく。おもしろい。

さて、今度は、タピオカを冷やしている間に、鍋を洗い、クスクスソース作りだっ!

・・・と、思ったところ、鍋にはりついたタピオカのしつこいことといったらない。
10分程、格闘してみたが、これは長時間水に漬けて、ふやかすしかない。(ふやけるのか?)

クスクスソース用に刻んでおいた野菜を、冷蔵庫にしまい、解凍しかけてたひき肉を、再び冷凍庫に入れ、今日は食べる物がなくなったので、腐り果てながら納豆を食べる。千に誘われる巨体化したカオナシシーンを見ながら。

納豆だけでは、満足できないので、先ほど作ったタピオカを召し上がってみることにする。

ココナッツミルクをかけて、もくもくと良く噛んで、食べる。

食べる。

食べる。

食べる・・・・

おおええぇっ・・・・

1杯食べたところで、気持ち悪くなるが、タピオカはまだ半分以上残っている。
無理して、もう1杯。
最早、タピオカが気持ち悪いのか、ココナッツミルクが気持ち悪いのか、分からない。

結局、残りはタッパに入れて、明日以降に食べることにし、台所の後片付けを始める。しかし、この後片付けも難を要した。竹ざるで水切りをしたため、編み目という編み目に、細やかにタピオカが挟み込まれ、全て除去するのに一苦労。更に、鍋底に焦げ付いたタピオカも、未だ、取れない。水気が切れたタピオカは粘り気を帯び、あらゆる物にひっついている。透明だから、発見もしづらい。

私ルールで、今日は洗濯&掃除の日だから、さっくり作れる夕飯が必要なはずなのに、タピオカの為に、ロスタイムがひどいことになってしまった。タイムどころか、まともな夕飯にありつくことも出来ず、メシロス。

ブログにこのことをエントリしながら、今日はろくなものを食べてないのにも気付く。
朝は、いい加減消費しなくてはならない、食パンをかじって、出社。
昼は、焼いて来た食パンに、コンビニで買ったポテトサラダを挟んで、食べた。それでは足りなかったので、魚肉ソーセージも食べた。

更に、休み明けはまともに出社してこない係長が、午後になって「休みます」の連絡も入り、その上、パチスロに金をつぎ込みすぎて、会社に借金をした挙げ句に引きこもりがちになる、謎の病を持った、同僚がまたしても会社に呼び出しを食らって、事業部に来ていた。前犯2回。今回で3回目だ。総務部長に「自分から会社を辞めようと思わないのか?」と言われ、しょげこむ同僚を横目に、締め切りの迫っている伝票のチェック。総務は今日は部長と私だけ。業務は澱みがなく進む。澱みなく進んだおかげで、間食無し。今に至る。

--------------
そして、エントリをしつつ、ルール遂行。洗濯。
スカートを干そうと、網戸をがらりと開けると、飛び込んで来たのはトンボ。

c0032726_21481872.jpg

一体、なんだ?

今日と言う日は、こんな日です。

わたしが洗濯している間に、自由な空へ飛び立ってくれれば良いものを、頭の悪いトンボくんは、未だに私の部屋に居ます。

「うちのマンション、トンボ飼っちゃいけないんだよね」
「君、この部屋に居たら、ヤニで殺されちゃうよ?」
「もう、うちは蜘蛛飼ってるから、これ以上生き物はね・・・」

説得したり、脅したりしましたが、一向に聞いてくれる気配はありません。

挙げ句の果てに、羽はたきで追い回してみましたが、駄目でした。
今夜はトンボと寝ます。
食われることは無いと思うから、大丈夫でしょ。
といっても、トンボ君の健康が心配です。今夜はタバコ控えめだな。
[PR]

by kaershow | 2006-09-19 21:54 | おいしいもの