はちみつ-PBees(KAGURAZAKA)

昨夕、近所のスーパーに行った帰り道、
前々から気になっていた蜂蜜ショップピービーズへ寄る。

以前、ヴィーナスフォートにある、フランス産蜂蜜専門店La maison du miel Namikiで、はちみつの小瓶を購入したことがあった。その時に一緒に居た連れに「一瓶それだけで500円!?」と文句を言われつつも、50gの小瓶を2つ購入した記憶がある。
(ショップは日本ではお台場のみのようだが、デパ地下でも売っていたりする。蜂蜜コーナーに商品を卸しているのみのようだが。)

はちみつは、なんとなく好きで、お中元や頂き物かなにかで、常に家には蜂蜜が途絶えたことはない。そう。途絶えた事はないが、こだわってるわけでもない。
家にあるのは、日本のミツバチが集めた、蜂蜜のみ。
アカシヤやクローバー。
結構、こういう人、多いのではないか。

でも、こんがり焼けたトーストにたらすなら、ジャムより蜂蜜。
アイスクリームに蜂蜜をかけるのも、おいしい。
チーズと蜂蜜は、大好物。あんな旨いもんは、この世に、ない!
学生時代、ビーズワックスの作品を造った。
冬、寒くて寂しい夜は、ミルクに蜂蜜を入れて、飲む。

今日は早速、ボタージュにひとさじ混ぜてみた。
う・まーい!
味がぱきっとする。くっきりなる。
後味の甘みもじんわりと長い。

因に、今日買った蜂蜜は、ニュジーラーンドで有名な『マヌカ』という、
木のお花の蜂蜜。

c0032726_123399.jpg

小さくて白いかわいらしい花だ。
*マヌカについて
*あるある大辞典Ⅱ(2005.5放送)

このママヌカという蜂蜜、最近メディアで取りざたされていた、ピロリ菌や胃潰瘍に効果があることが科学的に解明されているみたいです。残念ながら(?)わたしは胃痛持ちではないので、ここで身を以て証明することはできないが。

ただ、マヌカという蜂蜜だけでなく、蜂蜜という食品自体を色々調べていると、実に体に良いらしい。健康的なダイエットにも最適(だからといって、摂取しすぎは意味なし)、エネルギー補給にはもってこいだ。(昔の少女漫画でレモンの蜂蜜漬けなんかを差し入れするシーンを思い出してみてほしい)更に、化粧品としても、保湿性に優れており、パックなどにしても良い。確かに、ドラッグストアにいくと、「はちみつ化粧品」売ってるしなあ。

あと、注意したいのは、生粋の蜂蜜を採取したあとに、人工的に手が加えられているもの。精製蜂蜜などは、その外見を保つために、殆ど有用成分が失われてしまっているらしい。更に、養蜂家によっては、生産性をあげる為に、加糖はちみつ(水飴を加えて、水増しする)や完熟していない蜂蜜(まだ蜂蜜として完熟していない段階(水分含有量が多い)の蜂蜜)の採取によって、栄養素が殆ど失われてしまった蜂蜜もある。勿論、あくまで、造る人によってなので、蜂蜜を造る蜂たちから、それを口にするわたしたち消費者までに対し、誠実で熱心な養蜂家の方はたくさんいらっしゃるに違いはない。

人間の生産段階での色々複雑な諸事情があるにせよ、折角のミツバチの冬の食料を奪って口にしているものなのだから、それを無に帰すような事はしてほしくないですね。

また、初めて耳にしたのですが、ミツバチへの抗生物質の使用の問題。ミツバチがかかる病気の蔓延を防ぐ為に、抗生物質をミツバチたちの餌に混ぜて与えたり、巣に直接塗ったりすることが行われていたようです。もし、抗生物質を使用せずに、この病気が一度蔓延してしまうと、巣箱ごと全て焼き払わなければならず、養蜂家の経済打撃は非常に大きいわけです。しかし、これに対しては「蜂蜜への残留抗生物質」という問題が生じ、一時その為に中国産の蜂蜜の輸入が緊急停止されるという事態も起こったほどです。これはハチミツに流れ出た残留抗生物質がわたしたちの体内に入り、多剤耐性菌という抗生物質に耐性を持った菌が発生し、この多剤耐性菌に対してはいざ抗生物質が必要となる場合にそれが効かなくなってしまうのです。バイオハザードです。

消費者と生産者が異なるシステムである今日、食に関するこういった事件は山盛りにあるのだ。日本では毎日食卓にのぼるものでもないので、気にする事がなかったわけだが、自分の中で『特別な食材』と思ったものに、こういう事件があるのは、実に悲しく、その一方で、食に対する危機感を腹の奥で感じる事もできる。更に、蜂がもたらす生産物というものが、非常に需要が高いということも。
そういえば、最近(といっても、5年くらい前からだろうか)ロイヤルゼリーだとか、プロポリスだとかが流行っていた(蜂違いだが)。自分が気にしないと、ここまで無知にもなれるのにも笑えるが、それも当たり前。選ぶのは自分だから。好きなものも、その中で良いと思うものも。そして、このような事件を除外したとして、自然食品が必ずしも安全であるかといったら、誰に対してもそうとは限らない事もある。(ハチミツは1歳児以下の乳幼児に食べさせてはいけない)食を知るというのは、健康を維持するためだけでなく、生命活動をも守る大切な事である。

ハチミツのお勉強もできて、買ったハチミツも実においしいし、久しぶりに高揚感を楽しむことが出来ました。
ミツバチたちが、蜂蜜を集めるところから生産するまでの過程も、非常に面白くて感動してしまう。うっかり明日には、養蜂家になってるんじゃなかろうか(笑)

明日は胡瓜を買って来て、もろみ味噌に混ぜて食べてみよう!
(と思いながら、パンフを見てたら、レシピが載っていた(笑)
因に、本日の朝食の豆腐入りネギ焼きに入れたら、これまた絶品でございました☆


追記(ひとりごと):あれこれと、ここは気をつけなきゃー!というものを、なるべく短く、書いたつもりだったけど、あっというまにこの長さ。まとまりが無い上に、わかりずらい。うんちくは書かない方が良かったか?いやいや。感動した部分は書くべきだ。しかし、もっと文章力を身につけなければ。果たして、後々自分で読み返して、ここに書いたものは全て理解が出来るのだろうか・・・・。
[PR]

by kaershow | 2006-08-14 01:37 | おいしいもの