フォーンブース

c0032726_16391619.jpgフォーンブース
(原題:Phone Booth)
■公式サイト(英語)
■公式サイト(日本語)
■IMdb
■ハリウッド コム(インタビュートレーラー等)
■Amazon




【cast】
Colin Farrell (Stu Shepard )
コリン・ファレル(スチュ・シェパード)
映画『アレキサンダー』『マイノリティ・リポート』
Kiefer Sutherland (The Caller)
キファー・サザーランド(電話の男)
Forest Whitaker .... Captain Ramey
フォレスト・ウィテカー(レイミー警部)
Radha Mitchell .... Kelly Shepard
ラダ・ミッチェル(ケリー・シェパード)
Katie Holmes .... Pamela McFadden
ケイティ・ホームズ(パメラ・マクファデン)

【staff】
ジョエル・シューマカー(監督)

c0032726_16513742.jpg【story】
気弱なアシスタントを引き連れ、ニューヨークダウンタウンを携帯電話片手に闊歩するスチュ(コリン・ファレル)は宣伝マン。傲慢、自信家、軽薄・・・・これらの言葉は全て彼の為にあるかのようなバリバリの業界人。
クライアントとひとしきり取引を終え、アシスタントと別れた彼はいつものフォーンブースに向かう。結婚指輪をはずして電話をする相手は新進女優のパメラ(ケイティ・ホームズ)。携帯を使わないのは発信履歴を妻ケリー(ラダ・ミッチェル)に見られて浮気心がばれないように。
しかし、パメラとの会話を終え受話器を置きボックスから出たとたんにベルがけたたましく鳴りはじめる。つい受話器を手に取り応対するスチュ。電話の相手は見知らぬ男。しかしスチュ目当てで電話をしどこかビルから彼を監視していると話し始める。更に、電話を切ればスチュを射殺すると言う。ウソだと思いながらも、彼が語る自分がする仕草や照準の小さな点がスチュの身体を這い、電話を巡って口論になったポン引きの男が射殺される。
やがて、警察、妻ケリー、パメラが電話ボックスを取り囲み、スチュは電話の男の目的を聞き愕然とする。いったい電話の犯人は?目的は?何処にいる?疑問と混乱の中、スチュはこの電話ボックスから出ることが出来るのだろうか。



LOVEコリン★
出ずっぱり作品です☆もう、夢中夢中!彼が出てこないシーンはホントに一瞬です。
さらに、この作品。120頁にも渡る台本をたった10日間の撮影で完成させたとか!す、すっげ~~~~。確かに、登場シーンはずうっと同じ電話ボックスだけど、10日間てのはスゴイです。でも、普通の映画撮影と違い、ストーリーを順に追っていく撮り方をしたそうです。なので俳優は感情移入がしやすいとのこと。

映画の内容はまあオモシロイくらいで、気楽に見られると思います。オモシロイのはメイキング!1カットが長い長い長い!特に、コリンが奥さんに自分の行いを告白する長いシーンはぶっつづけざまに撮影していて、十数分にも渡る長いシーンをコリン喋りっぱなし・・・・・!!!!もうセリフを覚えるのがタイヘンだったみたいですね(笑)1日に大好きなタバコを60~80本も吸ってイキオイをつけてたらしいですがっ。(吸い過ぎ注意だけどね~~~)
やっぱ、コリンすごいっす。あれだけ濃いキャラクターなのに、役の演じ分けも見事だし。

c0032726_17215155.jpg


そしてなんといっても、見てるだけでも楽しい。(ワタシにとって)
うははー☆

そして、今話題の人である、ケイティ・ホームズ。普通にカワイクないです。トムの婚約者か・・・・・。ま、トムも好きですが、ジェラとかはなあんも感じないからいいけど。

半額デーレンタルもんじゃないですが、コリン漬けな日々を送っておるかえるですよ☆

c0032726_172615.jpgc0032726_17265234.jpg
[PR]

by kaershow | 2005-06-28 17:28 | 映画