神楽坂のお散歩 前編

ふろっぐ母と神楽坂へお散歩。

灯台元暗し

もう20年以上もこの街に住んでいるのに・・・。
小学生の頃、文房具を買いに相馬屋に来ていたのに・・・・。
お寺巡りのスタンプラリーもしたのに・・・・・。
友達の実家は神楽坂の入り口でお店をやっていたのに・・・・。

神楽坂をちいとも利用してません!

大学の頃のバイト友達が「ワタシ、神楽坂に住みたくてね!」とゆー話を聞いて、確かに有名だけど、それは中高年のオジサマオバサマだけに人気なだけで、今時見上げた若者だな(私より1つ下)と思ったりとかしてました。

サイキン、ふろっぐ母のジム友達情報は神楽坂のことばかり。
ジムも神楽坂にあるから、毎日のようにお昼はあそこで、こっちで、そこらへんで・・・となるみたいで、やっと今更この街を知りだすようになったふろっぐ母。そういや、しっかり見たことなかったカモ、と思いノリノリとお散歩。

東西線神楽坂駅の神楽坂口あたりから、飯田橋方面へ。
c0032726_21414180.jpg
まずは、ふろっぐ母お気に入りの甘味屋さんへGO!
母曰く、「甘味を食うなら紀ノ善よりも花へ行け!オマイラ!」ふろっぐ母はオマイラなんて言わないけど、紀ノ善ファンの方はゴメンナサイ。紀ノ善は高すぎる。値段と味の割合が合わない。混みすぎ。
だそうです。
でも、この花はおばちゃん2人でやってる小ちゃいお店で定休日が多すぎます。土日祝日と月曜日はお休みだそうです。地元人のための甘味屋さんだよなあ・・・。
ちなみに、位置は有名な大阪寿司のお店「大〆」のお隣。

話はこの寿司屋にうつりますが、大〆・・・。ホントにマジでウマイ・・・・・(T▽T)
小学生低学年の頃に初めて連れて行ってもらった時に食べた蒸し寿司。おいしいものの味なんてゼッテー分かってない子供の時であっても感動する美味しさ。寿司屋なのに、洋風の外観、内装。変なの、と子供の時は思いましたが、サイコーです。取り扱うお酒はワインのみ。大人になった今、ちょっと特別な日にワイングラスを傾けつつ見目良い美味しいお料理を楽しみながら、たわいもない話でゆっくりと過ごしたい時には候補上位にあがってくるのは間違いなしだな!(この蒸し寿司はネタの旬である冬期のみの扱い。)


そして、大久保通りを横切り、帝釈天向かいの筋のクレープ屋さんへ。
今日も混んでる・・・・
カフェクレープリー ル・ブルターニュ
2回目のチャレンジ。前回来た時も並んでました。しかも、そのとき寿司の食いすぎで、もうデザートすら入る余裕も無かった私の胃袋が拒否し、断念。そして・・・・今日もまた、お昼にパンをたらふく詰め込んでしまった私の胃袋が拒否・・・。ゴメンナサイ。
ワイワイと込み合う店、旨そうにクレープをつつく女性客、外人客。いつでも来られるという思いはあるものの、今回はさすがに名残惜しかったです。トホホ~。

c0032726_22204524.jpg
それから、本多横町へ。飲み屋横丁です。飲み屋といっても、昔っからある創業ウン百年系の店ばかりかと思ったら、全然違いました。オサレなお店がタクサン!町家風のなにやら情緒のある建物で和風居酒屋ぽいのが!モチロン、洋風なダイニングもありーの、ガーリックダイニングとかいうのありーの、沖縄、韓国系ありーの。ここらへんでハシゴしたら、楽しいだろうな、ウヘヘヘヘ・・・と思いながら、アッチへフラフラコッチへフラフラ。
フラフラしているあいだに細木数子の新宿の別宅が
別宅の所為か小さいお家。壁はエメラルドグリーンで趣味を疑いましたが。なんだか玄関の前の柱も大理石・・・?ふうん・・・・。まわりはモチロン居酒屋さんに囲まれた環境。こんなところにムリヤリ住むなよな、数子。そういや、大久保通りの交差点、時計やの2Fにカノジョの事務所があります。つい最近までそんなところで、そんな人が商売してるとは知りませんでした。

本多横町を抜けると、軽子坂の通りに。軽子坂の途中にあるふろっぐ母お気に入りのブティックは新装開店のため、工事中。残念でした。
ココカルコというお店です。昨年あたりからこの店でお買い物なふろっぐ母。新装開店だなんて結構流行ってるんだなあ~。でも、ちょっと変わったデザインのバッグだとか、お洋服が置いてあるみたいなので、神楽坂の芸者さんにもしかして人気があるのかもしれません。

(ココラヘンで今日は力尽き、神楽坂散歩 後編につづく・・・・)

[PR]

by kaershow | 2005-05-04 23:25 | 日記