回顧日記(chez olivier)

こばわ。
食べる事が生き甲斐のかえるちゃんです。
怒濤のカロリー回顧日記続けて行きます。

それは、とある10月30日。(とあってない)
超快晴の日のランチでございましたわ。

友人とご一緒に、chez olivierへ初めてお邪魔致しましたの。

c0032726_2253482.jpg

公式HPはこちら





初めて行くお店ですが、
普通のOLがとるランチ価格としてはいささか勇気と向学心が必要。
そして、一番必要なのはゆっくりできる時間。

しかし悲しいかな。
運命のいたずら。
お昼休みはたったの小一時間。
日本にもシエスタ導入してほすぃ。

というわけで、
ワンプレートランチをこの日は頂きました。

お店に入ると、仕事のできそうなフロアスタッフのお姉様が席へと案内くださります。
店内、少し目先にいたずらをしてくれるようなファブリックがポイントに使われていますがいたってシンプル。おいしいお料理を何も気にせず食べる時には、必要なことなのかもしれません。このシンプルさが。

席に着くと、絶妙なタイミングでシェフ登場。

「ぼんじゅー」にこにこ!

そうです。
ここのシェフはフランスの方です。

と、てっきりシェフだと思い込んでいたら、公式HPを見ると違う人。
あれは誰だったんだろう・・・・。弟子か?
あれ?でも違うかなあ〜?わからなくなってきた。まあいっか。


まーとにかく、フランス人男性がメニュー黒板を持ってメニューの説明にきてくれます。

ワンプレートだったら、このメインとコーヒー。
2500円のコースだったら、前菜と違うメインとコーヒー。
てな具合です。

はっきりいって、
その場で超迷いました。
2500のコースにしてしまおうか/
もう、迷わないって決めたのに・・・・。

結果的に、ストイックな3人組は(単に財布の中に木枯らし飼ってるだけ)
ぐっとこらえてワンプレートランチ。

しかしこれが、ほんとに感動するくらいにおいしかったです。

c0032726_232593.jpg

肴はあぶったほたてがいい。

多分、今まで食べたほたては偽物だったのだろうとおもいます。
味付けに使われている塩も、天然のものは口にしたことがなかったんだとおもいます。あれは全部合成だったんです。

というくらいに、うまいほたてでした。

すごい大ぶりで、弾力がしっかりして、うまみがしまいこまれた、
超絶に美味しいホタテでした。


が・・・

このホタテプレートと少しのパンとコーヒーではもの足りる訳はなく、
いや。満足感は十分です。
満腹感が不十分だったので、
帰り道途中にあるミートうちの(肉屋)で、
それぞれ、からあげ、ソーセージフライ、コロッケを買って帰りました・・・。
[PR]

by kaershow | 2009-11-07 23:53 | おいしいもの