ナショジの皆既日食連続写真がいい。

c0032726_1621355.jpg
Photographs courtesy National Astronomical Observatory of Japan
皆既日食、海上からの連続写真






July 29, 2009


 2009年7月22日。ゆっくりと進む日食の過程をとらえた連続写真。この9枚の写真は、日本時間の午前10時10分から午後12時49分にかけ、日本の沖合に浮かぶクルーズ船から撮影したものである。一部の地域では、太陽が完全に月に隠れる皆既日食(中段中央)が、今世紀最長の6分39秒もの間観測された。

 30年以上にわたり皆既日食を観測してきた天文学者ジェイ・パサコフ氏によると、皆既日食以上に大きな見所だったのは、その直前と直後に観測された「ダイヤモンドリング」(中段左と中段右)だという。パサコフ氏が観測地点に選んだ中国の天荒坪(Tianhuangping)は、所々雲に覆われたあいにくの空模様だった。

「それがね、皆既日食を迎える直前になって、雲が薄らいだんだよ。しかも、それがちょうどうまい具合にフィルターの代わりになってくれてね。本当に見事なダイヤモンドリングだった」。





-----------------
最近、フォトTシャツ好きなので、

是非Tシャツにしたいくらいすてき。

胸にこれを配置するんじゃなくて、

この写真をプリントした生地で、作る要領で。

かっちょいー!
[PR]

by kaershow | 2009-07-29 16:06 | かがく